CARGO BOX

本来であれば、意匠にあわせたカーゴボックスを製作するんですが、とりあえず既製品を使って製作していました。今回使用したのは音響機材を運搬するためのラックケース。安くて頑丈で助かります。


自転車自体のカーゴスペースはもっと大きいんですが、ちょうどいいサイズがなかったので、ほどほどの大きさのを選んで開閉するように改造します。


こんな感じでパカパカ開くように改造しました。これはこれで使えそうです。


割と大きめに見えたラックケースも、いざ自転車に装着するとこんなにコンパクトに見えます。とは言え、普通の自転車だと既にこの大きさは積載不可能ですね。たぶん80リッターはあると思います。

もっと大きなカゴとかも付けてみたいですね。

 


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。