製作過程

FINALLY: PAINT

試作三号機のフレーム関係も出来上がったので、いよいよ塗装です。


Dagaのイメージカラーのオレンジで塗るんですが、この色が意外と難しくて塗装屋さんと何度も調色しながらようやくイメージの色決定。屋内と屋外の見え方が結構違うので苦労しました。



仕上がりはさすがの一言。ピカピカ!!
乾燥後、CWFさんにバトンタッチして組み立て開始です。

 


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。


MAKING… T4?

STRIKE Cargo Trike三号機の製作中ですが、次の四号機の妄想も始まっています。四号機は初めてゼロからフレームを作ります。モーターユニットも新しい物を使用予定で楽しみです。


社内の新型の3Dプリンターがバージョンアップしたので、四号機(仮)のデータを製作して出力してみました。


今回も1/3スケールと割と大き目の模型です。暇を見て組み立ててみます。

 


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。


MAKING T3: PT.2

前回引き続き、仮組み&可動確認です。正直太すぎたかなあと思っていたメインフレームも、いざ組んでみるとちょうどよい感じで安心。初めてすべてのタイヤが20インチで揃いました(笑)既存自転車改造&フロント周りの検証があるので、ホイールベースは長いままですが、4号機では普通自転車規格サイズの1900mm以内に収める予定です。



メインのカーゴスペースはまだ何も装着されていませんが、独特の雰囲気です。予想に反して違和感は殆どありません。



ハンドルとタイヤが離れているので、こんな動きになります。


安定感は抜群ですね。特に問題なさそうなので再び分解してお化粧(塗装)に移ります。

 


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。


MAKING T3: PT.1

いよいよカーゴバイクとしての機能を持った試作三号機の製作開始。使用する電動アシストユニットの都合上、今回も既存の自転車を一部流用しますが、できるだけ初期のイメージを持たせつつ前回の初号機・二号機に比べると大幅にバージョンアップとなります。


前周りの部品も新たに製作。引き続き走行テストを踏まえた設計。設計は自転車専門のCWFさんにお願いしていますが、部品製作自体は馴染みの金属加工会社にご協力頂いております。自転車の部品製作は初めてだそうですが、なかなかの腕前です。

一通り部品も揃い、塗装前の仮組み。形になってきました。

夜遅くまで対応していただいたCWFさんに感謝です。


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。


2ND PROTOTYPE (T2)

試作二号機は主にフレーム形状による乗降フィーリングと、フロント操舵の感覚テスト。こちらもフレームは既存の電動アシスト自転車を改造です。


フロントを二輪仕様にするための改造と、トップフレーム追加の簡易的な改造。


溶接そのままじゃアレなんで、塗装してみました。


組み付け開始。不思議なプロポーションですが、あくまで試験用です(^-^)


ミニチュアに搭載していた大型ボックスも簡易製作。
このままでは載りませんが、次の三号機でこれくらいの箱は載せる予定。
早く乗ってみたいですねこれも。

 



STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。


1ST PROTOTYPE (T1)

日本で走るにはあまりにも問題の多かったKiffyを、CWFさんの協力の元に既存の電動アシスト自転車と合体。リアブレーキもコースターブレーキから一般的なバンドブレーキになり、安心して走れるようになりました。

シングルギア&コースターブレーキ&超フロントヘビーという難易度の高い車両でしたが、電動アシスト化によって激変!!

今までの不安要素が半減するぐらいスムーズさ。
電動アシストの威力をこれほど感じたことはありません。

あとはハンドリングの問題だけ。。これが一番厄介(^-^;)
まだまだ解決することは多いです。


STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。