BicycleCityExpo

Bicycle City Expo PT.2

ブース設営も無事終わり、いよいよBicycle City Expo 2018本番を迎える事が出来ました。平日開催のイベントという事で少々不安でしたが、開場早々から多くの方にお越し頂きスタートから全力モードです。「自転車まちづくり」という開催テーマへの関心の高さが伺えます。

いよいよ本番です

とにかく目立つブースのおかげなのか?開場早々から多くの方に興味を持って頂き、有難うございます。貴重な意見やアドバイスを直接頂けるのはとても参考になりますね。

完全自立を目指すべくテスト中のSTROKEカーゴトライク3.5号試験運用機。「載せる」、「吊るす」を可能にする特徴的なアラウンドフレームは中々好評でした。現状、フロントサスペンション機構はさすがに複雑でオーバースペックですが、走行テストを踏まえ次の4号機では機構も見た目もスッキリさせる予定です。

量産を考慮した試作4号機のイメージスケッチ。全長は3.5号機よりもコンパクトでありながら、カーゴスペースは拡大し、全体の印象もスッキリの完全新作です。今年12月のクラウドファンディングを目指し、現在開発進行中。

くしくも同じカラーのデンマーク製カーゴバイクBULLITT(ブリッツ) と記念撮影。STROKEカーゴトライクは日本の普通自転車規格サイズを考慮しているため、全長はBULLITTよりもタイヤ1本+α分短くなっています。その分カーゴスペースの容量は敵いませんが、日本で使用するに必要十分な容量は確保しています。しかも3輪の特性を生かし自立可能!あいにく試乗コースへの持ち込みは出来ませんでしたが、今後試乗会も予定しております。

2日間有難うございました。量産仕様となる4号機の開発も引き続き全力で頑張ります。
日本ではまだ馴染みの薄いカーゴバイク(カーゴトライク)ですが、「カーゴ」を楽しく使う文化が少しでも広まり、街に新しいライフスタイルが生まれることを願っています。

Bicycle City Expo PT.1

試作T3.5号機も紆余曲折ありつつ無事完成。走行テストを終えた後、いよいよBicycle City Expo2018の展示準備です。諸事情によりブースデザイン、素材準備、設営すべて自分達の手作業。
小さいブーストは言え、ゼロから製作は前例がありません。いきなり製作はさすがに危険なのでミニチュアを作って検討してからの作業です。
材料選定&組立方法決定後、社内プリンターで一気に出力。本当に上手くいくのか?不安が残りつつも淡々と進めますw


試作3.5号機はステッカー類も黒くなりました。男らしいです。

若手デザイナー手作りによる1/8サイズミニチュアブース。全体のイメージからディティールまでこの小さな模型で検討し、大型プリンターで本番用をガシガシ出力していきます。

看板用ロゴは社内の3Dプリンターにて製作。塗装環境がないので自宅に持ち帰り青空の下で塗装作業。晴れてて良かった!

現場で初めて見る真っ新なブース。予定とちょっと違うけどなんとかするしかないです。

展示会前日にギリギリ間に合いました。はたして上手くいくのか。。

車両製作を担当している業者さんが完成車の見学ついでに設営のお手伝い。本当に助かりました。

なんとか完成した手作りロゴも1つ1つ貼っていきます。落ちないでね。。

カーゴボックスもお化粧。QRコードも自家製w 

シンボルロゴステッカーも製作しました。

なんとかブース完成!!ミニチュアと全く同じイメージに完成!!
(カタログスタンドも即興自作)

 

時間ギリギリでなんとかブースも完成し、なんとか本番を迎える事ができそうです。とりあえず目立つ事は間違いないので来場者の方々にも足を止めて見てもらえる。。と信じます。