STROKEカーゴトライク(カーゴバイク)試作4号機の完成予想イメージ02

About STROKE

日本の街にカーゴバイクという新たなライフスタイルを提案する電動アシスト三輪自転車「STROKE」。日本の生活環境に適したサイズ(普通自転車サイズ)でありながら電動アシスト3輪&車両中央に配置した大容量のカーゴスペースにより、通常の自転車では不可能だった積載性&安定性を実現。独自のアラウンドフレーム(※意匠登録済)は従来のカーゴバイクにはない「載せる・吊るす」の2つの積載方法を可能にし、買い物から重量物の運搬、キャンプなどのアクティビティーなど使用シーンに応じて様々な用途への対応を可能にします。


STROKE(カーゴバイク)試作4号機の完成予想イメージサイドビュー

普通自転車枠に収まるコンパクトE-カーゴ

海外の大型カーゴバイクに比べ 全長1.9m幅0.6m以内のコンパクトな車体。フロント18インチリア20インチタイヤを採用した三輪構成は、車体中央に十分なカーゴスペースを設けながらも一般自転車と同等の全長に収めています。それによるロングホイールベースは安定した走行を可能にしています。
動力系はパワフルなミッドマウントアシストモーター&内装8段変速を採用し、ストップ&ゴーの多い低速から高速巡航まで走行性能も十分です。

STROKE(カーゴバイク)試作4号機のカーゴスペース

重心ミッドシップレイアウト

STROKE独自の車両中心付近に低く設けた大型カーゴスペースは積載重量の影響を受けにくく、その低い重心と3輪ロングホイールベース構成により、積載時でも従来の自転車とは比較にならない安定した運搬走行を実現しています。

STROKE(カーゴバイク)試作4号機の完成予想イメージフロントビュー

走行性と安定を両立する独立懸架システム

重量物を載せた状態でも安定した走行を可能にする左右独立型サスペンションシステム。強力な前後3輪ディスクブレーキにより確実に停止することが可能です。サスペンションは自立機構を持ち、スタンドを使用せずに乗降・荷物の積み下ろしが可能です。(※重量物積み下ろしの際には安全のためスタンドの使用を推奨)
また、積載時でも走行中に前輪の動きを確認できるため、路面状況や障害物を確認しながら走行が可能です。

STROKE(カーゴバイク)独自のアラウンドフレーム

使い方は無限大 アラウンドフレーム

STROKEの最大の特徴でもある独自のアラウンドフレーム(意匠登録済)は、荷物を荷台に載せるだけではなく、フレームを使用して荷物を吊り下げる事も可能にしました。バッグや小物は乗車したまま手の届く上部へ、重量物や大型荷物は下部キャリアへ、といった使い分けが可能です。フレーム各所に多彩な使い方を実現するマルチフックも装備。使い方は無限大です。

STROKE(カーゴバイク)の使い方は様々です。

各種専用ユニットも準備予定。
(※画像はすべて次期試作モデルCGです。)



STROKE Cargo Trikeに関するお問合せ、ご質問などはこちらからご連絡ください。